読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノーイベント グッドライフ

ゆゆ式難民のゆるーいポケモンブログ

【シングル】第1回四国シングルFESTA 使用構築【ベスト16】

f:id:clanonpk:20170309040524p:plain

 

今更ですが…

 

第15回びぶおふ!でも使用するつもりでしたが、別の構築を思いついたため公開することにしました

 

結果は予選鍋焼きブロックを3-2の1位で通過し、決勝トーナメント1回戦負けのベスト16でした

 

 

・個別解説

ゲンガー@メガ 特性:のろわれボディ→かげふみ 臆病

努力値:252-*-196-4-20-36

実数値:167-*-125-191-118-170

シャドボ/鬼火/道連れ/トリックルーム

 

多分このパーティで1番変なポケモン。調整は以下の通り

HB:陽気ミミッキュのシャドクロ+かげうちをほぼ耐える(83.7-101.7%)

HD:無振りメガゲンのシャドボが25%の乱数1発

S:最速ガブリアス抜き

当初はHSで使っていたがミミッキュ対面での行動保証が欲しかったため思い切ってHBに厚くしてみた。道連れは連発できなくなるという弱体化を受けたが、優先度-7のトリックルームと合わせることで2ターンの間道連れ状態を作り出すことができ、相手の積みポケの前で道連れ→トリックルームという動きが安定した

ただし"トリックルームを貼るポケモン"として考えると弱いので、トリル展開に持ち込みたい場合はブラッキーのあくびやランドロスの蜻蛉などによる対面操作が必要

 

 

ブラッキー@残飯 特性:精神力 図太い

努力値:252-*-244-*-0-12

実数値:202-*-177-*-150-87

イカサマ/あくび/願い事/守る

 

ゲンガーやテテフとの相性の良さから採用。技構成は自分が一番強いと思っているあくび願い事守るにした。主な役割は受け及びあくびによる対面操作と願い事によるサイクル補修。バンドリの多い環境なので月の光と違って天候に左右されない願い事は優秀

6世代と比較するとカプ・コケコ、カプ・レヒレの登場によりあくび撒きとしてのブラッキーはだいぶ使いにくくなったという印象を受けたため、最後までこいつを使うかは悩んだが、守るによってフィールドのターン稼ぎが自然にできる悪タイプでありながらミミッキュに対しても一方的にやられないといった点から最終的には採用を決めた

 

 

霊獣ランドロス@チョッキ 特性:いかく 陽気

努力値:132-180-0-*-0-196

実数値:181-188-110-*-100-149

地震/封じ/蜻蛉/馬鹿力

 

普通のチョッキランド。地面と電気の一貫を切るため採用

特に書くことはなく無難につよかった

 

 

カプ・テテフ@眼鏡 特性:サイコフィールド ひかえめ

努力値:236-*-172-20-4-76

実数値:175-*-117-168-136-125

サイキネ/ショック/ムンフォ/気合い玉 → 決勝トーナメントではショックをシャドボに変更

 

いわゆるHB眼鏡テテフ。トリルエースとしても扱う

初手で荒らしてランドかブラッキーかでゲンガーにつなげてトリル貼って再びテテフで暴れるといった流れが理想だがあまり上手く使ってやれなかった

ギルガルドがまあまあいたのと、予選でラス1テテフ対決に負けた試合があったので決勝トーナメントではショック→シャドボにしていた

 

 

オニシズクモ@ミズZ 特性:すいほう 勇敢

努力値:252-180-68-4-4-0

実数値:175-124-121-71-153-46

アクアブレイク/とびかかる/熱湯/寝言

 

7世代で2番目に見た目が好みだったので採用(1番はアママイコ)。S個体値は適当なのであしからず

実質水ワンウェポンなため思いのほか簡単に止まる。そのため後出しされるナットあたりに負担をかけられるよう熱湯を入れてみた。熱湯→Zアクアブレイクなどといった動きをすると相手が完全に特殊型だと勘違いしてくれるので楽しい

 

 

ジャローダ@襷 特性:あまのじゃく 臆病

努力値:4-*-0-248-4-248 (めざ炎個体 4余り)

実数値:151-*-115-126-116-180

リフスト/竜波/めざ炎/蛇にらみ

 

ここまでで耐久水、キノガッサナットレイが重かったのでそれらに対面及び後出しから負担をかけられるめざ炎ジャローダを採用。持ち物は襷が余ってたのでそれで

今作から初速でメガマンダに抜かれるようになったのがきつい

 

 

 

きついのはオニゴーリ。来られたらまず勝てないので決勝トーナメントではテテフをニンフィアに変えようかと思っていたのですが結局変えず。そしたら案の定トナメ初戦でオニゴーリに当たってファンタスティックな負け方をしました。盛り上がったのでまあよし

 

 

最後になりましたが、主催のあゆかぜさん、並びにスタッフの方々、参加者のみなさん、お疲れさまでした。