読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノーイベント グッドライフ

ゆゆ式難民のゆるーいポケモンブログ

【シングル】DDDDラリアットスタン【とりあえず2000】

 

f:id:clanonpk:20170103205000p:plain

※ カプ・レヒレの画像が無かったのでパールルで代用

※ カプ・コケコの画像が無かったのでシンボラーで代用

※ ガオガエンの画像が無かったのでエンブオーで代用

 

 

あけましておめでとうございます。代用ネタ何番煎じだよって感じですがレートの構築はこのジェネレーター使うって決めてるからしょうがないのです

 

 

12/27にSMでも無事レート2000を達成した&サブロムで回してたら色々穴が見つかって上目指すのは難しいと感じたため公開することにしました

 

ガオガエン含めD補正がなんと4体もいるパーティなのでDDDDラリアットスタンです。(スタンの定義ってなんだ)

 

f:id:clanonpk:20170103204839j:plain f:id:clanonpk:20170103204904p:plain

 

 

・個別紹介

 

f:id:clanonpk:20170103211713p:plainボーマンダ@メガ 特性:いかく→スカイスキン 慎重

努力値:244-0-0-*-244-20

実数値:201-165-150-*-155-143

技構成:空元気/地震/龍舞/羽休め

 

コケコ意識のHDメガマンダ。最初はテッカグヤ意識の両刀を使ってたがコケコが重かったためこの調整に変更。

6世代でもHDマンダは使ったことがあるが、火力ないわ遅いわで強いと思えなかったのだが今回は環境にコケコが多かったこともあり非常に強かった。

 

 

f:id:clanonpk:20170103214347p:plainマンムー@氷Z 特性:ゆきがくれ 意地

努力値:0-252-0-*-52-204

実数値:185-200-100-*-87-126

技構成:つららおとし/地震/礫/ほえる

 

A:ぶっぱ

D:余り

S:最速カグヤ抜き抜き

カグヤへの憎しみから生まれた氷Zマンムー。Zつららおとしの威力は160です

最初はギャラ意識の襷フリドラマンムーを使っていたが、後述するレヒレが入ったことによりギャラを意識する必要が薄れたためカグヤ絡みのパーティを崩せる氷Zで採用。B振ってなければつらら+Zつららで確定で落とせる。ステロも欲しかったが抜く技がない。現環境ではほえるの方が優先度高いように感じる

特性は、どんかんをポリ2にトレースされて後述するレヒレの挑発が入らないという事態を避ける&キュウコン入りにワンチャン持てるゆきがくれ一択。相手ポリ2にあついしぼうトレースされて改造バレるのは最高にダサいぞ。

自分以外に使ってる人を見なかったのが不思議なくらい強かった、が、コケコに薄いパーティなのでDに厚い個体を使ったほうがよかったかもしれない

 

 

f:id:clanonpk:20170103221001p:plainカプ・コケコ@襷 特性:エレキメイカー 臆病

努力値:0-*-4-252-0-252

実数値:145-*-106-147-95-200

技構成:10万/ボルチェン/マジシャ/電磁波

 

襷電磁波によるストッパー性能を評価して採用。持ち物はシュカだったりもしたが襷の方が安定感あった

現環境でコケコを最速にするメリットは少ないが、何度も言ってる通り相手のコケコ重いので上取れるように最速での採用となった。

電磁波は余り意識されないのか有効に働く場面が多かった。このパーティではマンダや、マンムーのつららとの相性もよくてめちゃ便利だった

 

 

f:id:clanonpk:20170103222215p:plainカプ・レヒレ@オボン 特性:ミストメイカー 穏やか

努力値:252-*-0-0-76-180

実数値:177-*-135-115-176-128

技構成:ムンフォ/しおみず/怒り/挑発

 

※ オボン持たせるのなら怒り受けてちょうど発動するよう偶数にすることを推奨

最初はアシレーヌ使ってたが、こいつが挑発を覚えると知ったことと、twitter上でレヒレは絶対強いとか言っときながら自分が使ってないのどうなんだと思ったため採用した()。まあ予想通りというか何というか非常に強かった。こいつが挑発覚えちゃいかんでしょ

相手のアシレーヌやレヒレが重たいのでその辺りに役割もってもらうため穏やかでの採用となった

有利対面で怒り撃っとくだけでだいたい強い。ただHP奇数調整のポケモンばっかなのでしおみずじゃなくて波乗りとかのがいいと思う

 

 

f:id:clanonpk:20170103223727p:plainガオガエン@残飯 特性:もうか 慎重

努力値:244-68-4-*-28-164

実数値:201-144-111-*-125-101

技構成:DDラリアット/鬼火/身代わり/剣舞

 

前記事ガオガエンの守るを剣舞に変えたもの。この枠はビルドだったりもしたが2000達成時は剣舞だったのでそれで記載した

まあ詳しいことは前記事見てもらえればいいのだが、想像を遥かに超えて強かったので驚いた。1900からは彼の独壇場といっても過言ではなかった

このパーティにはよくテテフポリ2+ハッサムに強い1体という選出をされるのだが、それをこいつ1体で崩せるのが偉すぎた。特に上位陣でこのような並びが非常に多かったのでポリ2かテテフを起点にしてイージーウィンという試合ばっかだったような気がする。あと身代わりとDDラリアットの存在によりオニゴーリに対して滅法強いのもよかった。あまりマッチングしなかったけど

いかくはよ

 

 

f:id:clanonpk:20170103225404p:plainハッサム@メガ 特性:テクニシャン 慎重

努力値:252-0-92-*-164-0

実数値:177-170-172-*-155-95

技構成:バレット/泥棒/剣舞/羽休め

 

4体目のD補正。これはガオガエンいなかったときのテテフ対策の名残だがめんどくさかったのでこのまま使ってた

まあ炎少ない環境ではあったため無難に強かった。ただカグヤとかいうやつのせいで途中からどこからともなく炎技がバンバン飛んでくるようになったので終盤は選出率控えめになってしまった

 

 

 

・基本選出など

だいたいコケコ初手でマンダマンムーもしくはレヒレハッサムという形が多かったか

次いでマンマンレヒレ

あとは相手のパーティに合わせてガオガエン入れたりって感じ

 

重たいのはチョッキマンムー、テテフ+レヒレ(アシレーヌ)の並び、メガガルーラ

マンムーに安定して後出しできるのがハッサムくらいしかいないというガバガバっぷりなのでマンムーはチョッキに限らずしんどかった

ガオガエンがレヒレに対して何も出来ないのでガオガエンが出せないときのテテフはかなりしんどかったというかこの並びには多分一回も勝ってない。数が少なくてよかった

メガガルーラはおとなしく6世代に帰ってください

 

 

 

・まとめ

とりあえず勝率7割で2000乗せたもののこうして見るとかなーりガバガバなのでパーティ変えて2100めざします

 

とりあえずガオガエンの強さをアピールしときたかったということで