読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノーイベント グッドライフ

ゆゆ式難民のゆるーいポケモンブログ

【第10回びぶおふ!使用構築】メガチルブラッキー【ベスト16】

f:id:clanonpk:20150223005253g:plain   f:id:clanonpk:20150223005452g:plain

f:id:clanonpk:20150223005650g:plain

f:id:clanonpk:20150223010044g:plain   f:id:clanonpk:20150223005857g:plain

 

f:id:clanonpk:20150223010234g:plain

 

真皇杯中四国予選である第10回びぶおふ!に参加してきました。結果は予選シロナブロックを6-3の2位で通過、決勝トーナメント2回戦負けのベスト16でした。およそ140人という大規模な中での16なのでそこそこ頑張ったのではないでしょうか…。オフレポはまた後日書きます。

この構築はシーズン8でも使用しており、最高レートは2097を記録しています。その時多分20位くらい

↓ここから2100乗せられないの弱すぎません?

 f:id:clanonpk:20150223011348j:plain 

それでは構築を紹介していきます。

 

チルタリス@ナイト 特性:ノーてんき→フェアリースキン 図太い

努力値:196-*-156-4-148-4

実数値:175-*-143-91-144-101 → 175-*-165-131-144-101

技構成:ハイボ/大文字/毒/羽休め

 

この構築の要にして唯一のメガ枠。いわゆる毒羽メガチル

後述するアローが苦手とする相手全般(水ロトム、サンダーなど)に圧倒的に強く、毒やハイボでちまちまと削って裏のアローの圏内に入れていくのが主な仕事

耐性が非常に優秀であり、出せば一定の仕事をこなしてくれる安定感がある。ただしメガゲン入りには投げないほうがいい

びぶおふでもその安定感は際立ち、選出した試合のほとんどで勝利に貢献してくれた 

 

ブラッキー@ゴツメ 特性:精神力 図太い

努力値:252-*-244-0-0-12

実数値:202-*-177-71-150-87

技構成:イカサマ/あくび/月の光/挑発

 

チルタリスが苦手とするメガガルやガルドへの駒。一家に一台ゴツメマン

このptがかなり初手のメガガルを呼ぶので、ガル入りには基本初手で投げていく。

ゴツメ持ち、あくびによる起点作り性能、挑発持ちということもあり選出率は非常に高い。

Hが偶数なのは元々願い事個体だったため

 

 

ファイアロー@ちからのハチマキ 特性:はやてのつばさ 意地

努力値:172-252-0-*-84-0

実数値:175-146-91-*-100-146

技構成:ブレバ/フレドラ/剣舞/羽休め

 

Dに振ったハチマキ()アロー。上記の2体で重いメガルカリオやメガフシギバナへの駒。このptのエースでもある

パクリなので詳しいことは書きませんが、ハチマキにすることでクチートへのフレドラの乱数が変わるらしい。

 

 

・水ロトム@眼鏡 特性:浮遊 控えめ

努力値:252-*-0-252-4-0

実数値:157-*-127-172-128-106

技構成:ドロポン/10万/ボルチェン/トリック

 

ここまでで重いアロー、マリルリスイクン辺りを見てもらう枠。近頃増殖している瞑想スイクンをパワーで分からせる

このptに対してガブやランド等が選出されることは少ないため、有利対面をとればほぼ思考停止眼鏡10万をぶっぱなし、相手に大きな負担を与えていく

決勝トーナメント2回戦ではこいつがハイポンを外さなければ勝てていたと思われる。戦犯である。ちなみに予選でもやらかしている

 

 

マンムー@残飯 特性:厚い脂肪 意地

努力値:60-252-4-*-4-188

実数値:193-200-101-*-81-124

技構成:地震/礫/身代わり/毒

 

このptの地雷、残飯マンムー。クチクレやクレセドランを見れて、チルで見られない電気(ライコウや霊獣ボルト)に強い駒として採用。受けルにも出していく

ロトムやクレセ、ポリ2を見ても積極的に出していけるマンムーというのは新鮮で面白かった。珠マンムーが流行っているというのも追い風

上位の方の構築にもマンムー入りが見られたので、やはりこいつは今環境に刺さっているポケモンだと思う

 

 

ギルガルド@ラム 特性:バトルスイッチ 意地

努力値:236-252-0-*-0-20

実数値:165-112(222)-170(70)-*-170(70)-83

技構成:シャドクロ/かげうち/聖剣/剣舞

 

S7のと同個体。メガサナ、ガッサ等の対策として突っ込んだ。メガチル、ブラッキーとの相性も良い

こいつは割と長いこと使い続けてるので特に書くことない。

びぶでは1回しか選出しなかった上にその試合ボロ負けした戦犯2

 

 

このptで特に重いのは、メガチルを投げられない場合のサンダーです。具体的にはメガゲンガー+サンダーの並びですね。Dに厚い残飯サンダー流行らせた方はどなたですかクソ重いのでやめてください

それ意外のptには比較的柔軟に立ち回ることができると思います

 

・まとめ

メガチルやブラッキーなどちょっと変わったポケモンを採用して、予選抜けという最低限の結果を残すことができてそれなりに満足しています。600族・準伝無しでもそれなりにやれるんだぞ!なおフライゴンドータクン中四国代表になった模様

びぶおふが終了して、僕が真皇杯本戦に出られるチャンスはあと次の九尾くらいですかね。現状出る気は無いですが

とりあえずはS8も残り少なくなってきましたし、この構築で2100達成できるように頑張ろうと思います

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。