読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノーイベント グッドライフ

ゆゆ式難民のゆるーいポケモンブログ

【ORAS シーズン7】双竜ノ乱【最高2088】

 

初の構築記事なので多々おかしなところがあるかもしれませんご了承ください

 

f:id:clanonpk:20150123233240p:plain

 

ORAS初の構築ということでかっこつけてみました() 一応2100目前までいけたので完成度はそこそこだと思います。最終は1950くらい。2100チャレンジで3回負けたの弱すぎる

 

ちなみに双竜ノ乱とは太鼓の達人の激ムズ曲らしいです。僕は太鼓叩いたことがないのでわかりません

 

 ・個別紹介

ボーマンダ@ナイト 特性:いかく→空スキン うっかりや

努力値:4-0-0-252-0-252

実数値:171-165-150-189-99-172

ハイボ/流星/地震/みがわり

 

竜1。見せポケ

当初は龍舞捨て身を使っていたものの捨て身メタの多さ、反動ダメの痛さを感じ、この個体に変更。

基本的にはハイボぶっぱマン。受けにきた水ロトムやサンダーは流星で倒せる。

みがわりは残飯ナットとかを起点にできてなかなかよかった。

 

リザードン@Xナイト 特性:もうか→硬い爪 意地

努力値:108-188-0-*-0-212

実数値:167-191-131-*-105-147

ニトチャ/逆鱗/雷P/剣舞

 

竜2。このパーティ真のエース。

マンダが呼ぶゲッコウガや高速電気を起点にしていくイケメン。

環境当初はとにかくリザXを舐め腐った意識してないPtが多く、選出画面で勝利を確信できる試合が多かった。Ptの並び的にリザYだと思われることが多かったのも大きい。

雷Pはギャラ、マリルリスイクン意識。上位勢にも同じようなリザXを使っている方が多く、大半が雷Pのところをフレドラにしていたのだが僕の経験では雷Pのおかげで勝てた試合はかなり多く、フレドラがあれば…という試合は1戦もなかった。シーズン5から使ってる僕が言うので間違いないウン。

しかし環境が進むにつれてガルーラやランドが増えて動かしにくくなってしまった。

 

カバルドン@ゴツメ 特性:砂起こし 腕白

努力値:252-0-252-*-4-0

実数値:215-132-187-*-93-67

地震/封じ/怠ける/あくび

 

僕が一番信頼している物理受け。リザとの相性もよく、ポリ2とぐるぐる回してるだけでも勝てたりするちゅうぽけ。

ガルやバシャがいたら思考停止で投げる。特殊は土下座。

テンプレなので割愛。

 

ポリゴン2@輝石 特性:ダウンロード 図太い

努力値:244-*-252-0-12-0

実数値:191-*-156-125-115-82

冷B/放電/自己再生/シャドボ

 

万能受けポケモン

当初は特性トレースで放電→電磁波、シャドボ→イカサマで使っていたが、挑発アローや毒ガルドに勝てないことにムカついた結果このような型になった。ダウンロードが発動すればそこそこの火力になるがバンギ、ドラン、ガモス、ナット、ニンフィアあたりにはなす術が無いので注意が必要。

 

ギルガルド@防塵ゴーグル 特性:バトルスイッチ 意地

努力値:236-252-0-*-0-20

実数値:165-112(222)-170(70)-*-170(70)-83

シャドクロ/かげうち/聖剣/剣舞

 

ここまでで重いキノガッサ、ハイボマンを見る枠。

無振りガッサに対してはシャドクロ→かげうちで確定が取れる。フェアリーへの打点はシャドクロで十分と判断したためアイヘは切っている。

 

ラプラス@チョッキ 特性:貯水 控えめ

努力値:4-0-220-252-4-28

実数値:206-94-128-150-116-84

波乗り/フリドラ/礫/零度

 

竜3(?)。双竜とは

1900あたりまでこの枠は瞑想ニンフィアだったが、ラプラスが環境に刺さっていると感じたので使ってみた。

基本的には初手で投げる。相手のマンダ受けである水ロトムやサンダーにはフリドラが刺さり、ポリ2やクレセには†絶対零度†で運ゲを仕掛ける。

発動時には唱えましょう。「暗黒の氷の刃、全てを飲み込め!エターナルフォースブリザード!!!!!

 

 

基本選出などは特にありません。僕はスタンパばっかり組むのでいつもこんな感じです()

 

 

・まとめ

今までは2000に乗せたら満足していた僕にとって、シーズン7は新たな挑戦でした。結局目標としていた2100に届かなかったのは悔しくてしょうがないですね。しかし自己最高レートを大幅に更新でき、初の二桁順位を達成できたのは自信になりました。シーズン8では2100、あわよくばそれ以上を目指して頑張ります!

その前に真皇杯もあるので、なんとか予選を勝ち抜けたいですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。 

f:id:clanonpk:20150123233913j:plain